« ヨンジュン広報大使 | トップページ | コスモス »

2008/10/16

クワイエットルームへようこそ

不思議な映画ではある

久々の内田有紀主演、クドカン、蒼井優、大竹しのぶetc 面白いメンバーが出演。

表題のクワイエットルームは、精神病院の隔離病棟、隔離室のこと。

あらすじ: 仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される。さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく。

女性患者だけの閉ざされた空間、常識の通用しない世界、

不思議な患者たちが通り過ぎていく中で、明日香は苛立ちながらも、自分の内面へ眼を向け始める。

内田有紀のボーイッシュな魅力はそこそこ健在といえるcoldsweats01

この役は、ちょっと踏み外し系の普通のOL路線なかんじがピッタリ。

女性患者が面白い…患者はそれぞれ個性的に性格付けされているので、それに見合った配役というところか…

一番良かったのは、看護婦役の「りょう」。

「カッコーの巣の上で」の婦長を思い出させてくれてgood

クドカンは地でしょう? ネ?

妻夫木が、クドカンの弟子みたいなへらへらしたイケテナイ役で出てますが、最初、誰だか分らないくらい目立たない。

誰がやっても同じってかんじの役を、インパクトゼロでやってるのがなんとも…気合ゼロ~

   クワイエットルームにようこそ 特別版 初ACBD-10560

まあ、この手の映画は重いと後味が悪いので、軽めにちょっと自虐的に…あっけらかんとエンドがよろしいかと…

|

« ヨンジュン広報大使 | トップページ | コスモス »

映画、テレビ、アニメ、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨンジュン広報大使 | トップページ | コスモス »