« 県庁の星 | トップページ | ワクワク・nifty配信 »

2008/06/01

俳句ー6月号の結果

6月号届きました。

6月号に載っているのは、3月20日の投句した句です。

主宰選

  性悪の猫も女も朧かな

  野火ゆらぎ男の影のゆらぎけり

  春日傘くるり維納円舞曲

維納…ウイーンの漢字表記です。

円舞曲…ワルツです。

つまり、ウインナーワルツです。

曲名ではなくて、オーストリアでよく踊られるテンポの速いワルツです。普通のワルツと違ってステップが単純で、カップルでただクルクルと回ります。

ウイーン社交界のデビュッタントで、若いカップルが踊るアレです。

このダンスは、競技会のモダンの部で、最後の種目なので、競技者たちはフォックストロットやジャイヴを踊ったあとのヘロヘロな状態で踊るので、スピードを保つのが大変なんですよ。

ちょっと、話がそれちゃいましたが、実は、この句「維納」という漢字表記に惹かれて、これを書きたいばっかりに作った句です。

私は、けっこうこの手のお遊びが好きですね。

見たものを句にする、いわゆる写生句より、言葉のイメージから連想して作る句のほうが、私の場合は成功率が高いです。

そういう事もあって、新かなづかいで書いています。

でも、《をんな》 《にほひ》 《~のやうな》 《ゐ》 など旧かなの表記にも惹かれます。

うちの結社では、両方使うのはだめなんです。

もっと、自由でも…と思うんですけどね。

|

« 県庁の星 | トップページ | ワクワク・nifty配信 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県庁の星 | トップページ | ワクワク・nifty配信 »