« 5月のガーデン | トップページ | 巷では母の日‥らしい »

2008/05/10

5月の句会

今日は定例句会です

出席者 9名、欠席投句1名

骨折して入院中だったリーダーも、無事退院して3ヶ月ぶりに出席。

杖をついた姿は少々痛々しいですが、そんなことでメゲルかたではありません。

さて、今月の私の句

clover牡丹(ぼうたん)に現世危うくなりにけり

現世(げんせ)以下の部分の解釈‥現実の社会が崩壊しつつある状態

とすると、<牡丹に>の<に>でつながるのは不適切。上五で切れたほうがよいとの意見。

作者の意図

現世危うく‥現実の社会の崩壊ではなく、心情的に現実の世界と夢の世界の区別があやふやになりかかっている危うさ

とすると、<危うく>の漢字がもたらす効果が、どうしても現実社会の危機と捉えられてしまうため、表現を変えたほうが作者の意図が伝わりやすいかも

ということで、

clover牡丹(ぼうたん)に現世(うつしよ)あわくなりにけり

503_020

今年最初に開いた庭の牡丹

夕暮れに、たくさんの牡丹の花が揺れて、白く浮かび

あがっている姿は、現実を忘れさせてくれるよう‥

clover麦秋やゴッホの孤独われの孤独

これは、かなり気にいっているので、ちょっと独善的ですが変えません。

clover初夏(はつなつ)の卓布ギンガムチェックなり

ギンガムチェックがいかにも初夏の感じがして良いと好評でした。

以上、やっぱり句会はいいですねえ。皆さんの句を観賞、批評することが、とても勉強になります。それに、刺激も受けます。

句会を楽しむコツは、どんなに酷評されてもめげないこと!

pencil       book       pen      eyeglass      scissors

|

« 5月のガーデン | トップページ | 巷では母の日‥らしい »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月のガーデン | トップページ | 巷では母の日‥らしい »