« 15日のBYJ | トップページ | 憂鬱な月曜日 »

2008/03/16

3月の句会

15日は3月の定例句会。

出席者8名、欠席投句2名

春祭、黄砂降る、連翹、雛納め、春愁、地虫出づ、など春の季語満載

 まんさくやまだ音の合わぬ稽古笛

 野火ゆらぎ男の影のゆらぎけり  

                 ‥‥  柊

兼題の後、いつも席題をやります。 漢字1字で5個か6個の題。

これが、四苦八苦でいつも散々な結果です。

20分で2句、なんにもないところから作るのは、つらい修行です。トホホ

辞書をめくって類想にならないような言葉を探し、イメージを膨らませ、ちょっと冒険‥

この冒険が微妙なところ flair で think で scissors となればいいんですけどねえ。

この「たのしみ」があるからやめられないんですよね。

|

« 15日のBYJ | トップページ | 憂鬱な月曜日 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15日のBYJ | トップページ | 憂鬱な月曜日 »