hello

 

Photo_20200921011301   

木の実落つ胸深く落つ音すなり

 

  HOLLY-GARDENへようこそ

GARDENの主人…silent-holly (静謐な柊)

 仕事30% 主婦20% 趣味50%で棲息中

                  趣味の 中身はほぼ俳句 

                   hollyは俳句結社の住人です。

                   結社支部機関誌の編集長でもあります。

                   もっともっと俳句ライフを楽しみたいhollyです。

                  ちょびっとガーデニング & 漫画 & ピアノも楽しんでます。

 

| | コメント (0)

2020/09/21

白鳥の湖

こんばんは~

今BSプレミアムでバレエ見てます。

マシュー・ボーン振り付けの「白鳥の湖」なのですが、なんとオデット姫が男性なんですよ~~

白鳥が全員男性という斬新なキャスティング

上半身は裸、チュチュの替わりに白いタイツにフリンジがいっぱいくっついた衣装の白鳥が踊ってるよ~

王子とオデット姫のラブシーンもあの音楽にのって男性同士で踊ってます。

どこからこういう発想がわくのかなあ~ たぶん振り付け師がゲイなんだと…思う。

 

この時間って(0時すぎから3時くらいまで)オペラとかあんまり普段見られない芸術作品を見せてくれるので好きなんだけど、あんまり夜更かししてると明日つらいから、もう寝ます。

 

| | コメント (0)

2020/09/04

不思議な映画



Photo_20200902001801

<モリのいる場所>という映画、不思議な映画でした。

山崎努、樹木希林、加瀬亮、とか色々出てたけど…

どうやら「熊谷守一」という画家の晩年の一日を描いた映画のようでしたが…hollyは熊谷守一を知らなかったので「なんのこっちゃい」という感じで見てました。

だけど、だんだんその世界に引き込まれていくような感じ

6402

Photo_20200902001901 この鬱蒼とした森のような庭の木々の間からちょこっとのぞいている守一画伯の顔、わかりますか?

彼は30年くらい、この庭から外へ出ないで暮らしていたらしいのです。毎日庭の中を歩き、草や木や花や昆虫をつぶさに見て絵を描く暮らしをしていて、その様子が描かれているのです。

映画の導入部がゆったりとしているのでじれったい感じでしたが、毎日いろんな「お客様」がやってきてなかなか面白い展開になっていきます。

庭の奥に「池」があるのですが、この「池」は最初は水たまり程度のものでメダカを飼ううちに干上がらないようにどんどん掘って深くしていった「池」なので、庭の一部が深い穴になっている感じなのです。

画伯はこの庭をゆっくり歩いて、庭で昼寝をして、夜になると絵を描く生活。

庭に横たわって蟻を観察し「蟻は左の2番目の足から歩き出す」な~んてことを言ったり、沢山人が来るようになって困るからと文化勲章の授与を断ったり、周囲の人たちとの暮らしを楽しんでいる仙人のような画伯。

hollyがう~~んと唸ったのは最後の場面、画伯の家に通っているカメラマンがふと思いついて隣に立ったマンションの上から画伯の家を撮影するのですが、なんとあれほど鬱蒼とした庭なのに、実は住宅街の一角にあり、hollyが思っていたほど大きな庭ではなかったこと。思わず「へえ~」ちょっとした林か森のように見えていたのに…普通だあ、池なんてどこにあるのよ~、そして何よりすぐ隣も周りも普通の家が建ち並んでいる。

なんだか映画監督にしてやられたって感じでした。

隅々まで楽しもうと今、2回目見てます。

 

| | コメント (0)

2020/08/27

ヘミングウェイのお酒

 

ヘミングウェイは皆さんご存じの文豪です。「老人と海」「日はまた昇る」「武器よさらば」など著作多数。

キューバを愛して長年ハバナで暮らし、酒を愛して毎晩通っていた酒場は今も観光名所となりたくさんの人が訪れているようです。

ヘミングウェイが愛したお酒として最も知られているのが「フローズンダイキリ」。ダイキリはもともとキューバのダイキリ鉱山で働く男達が飲んでいたお酒、ラム、ライム、砂糖など入手しやすい材料で作られているカクテル。ヘミングウェイは大酒飲みだったらしく一晩に何杯も飲むので、クラッシュド・アイスを使う分アルコール度数が低くなるフローズンダイキリをを愛飲していたんですって。

Photo_20200728234701

ヘミングウェイ好みし酒や南風吹く

                        (南風はみなみと読みます)

う~ん、南風に吹かれながらフローズンダイキリを飲むハバナの夕暮れ…いいですねえ

Photo_20200729000003 

 ハバナの古い街並

ヘミングウェイ行きつけのバーで「ダブルパパ」「パパダイキリ」と呼ばれていたヘミングウェイ専用のフローズンダイキリがこちら

Photo_20200729000001

 

| | コメント (0)

«ソーイング3